サポフェス2022

2022年11月28日

サポフェス2022、無事に終了できました!

2日間にわたって開催したサポセンフェスタ2022、無事に終了することができました。
来場いただいた皆さん、出展された団体の皆さん、運営を支えてくれたスタッフの皆さんに感謝です。

日時:11月26日(土)・27日(日)
   9:30~15:00

会場:いせはら市民活動サポートセンター(サポセン)
   サポセン館内および駐車場

今年度は「外出自粛」も緩和され、対面イベントも可能となったために3年ぶりの完全復活です。
さらにオンライン配信も加えたハイブリッド開催となり、パワーアップして開催しました。
従来通りの「パネル展示」や「体験コーナー」、「ステージイベント」や「物販ブース」などの内容に加え、新たな企画も加わっています。

イイネ!ポスターグランプリ

「ひとつでも多くの市民活動(団体)を、一人でも多くの市民の方に知っていただくために」サポセン登録団体のPRポスターを一堂に展示しました。
来場者のみなさんに「イイネ!」と思うポスターにシールで投票していただき、好評を得たポスターにグランプリを進呈し、活動の一助にと助成金を授与します。市民の皆さんの「イイネ!」で団体の活動を支援しましょう!
投票にご協力いただいた来場者の方には、団体提供の素敵なプレゼントや景品お渡ししました。

トークセッション(基調講演とクロストーク)

「課題や困難」を含むテーマを日替わりで設定し、基調講演で問題を共有しながら、会場の市民×関連の市民活動団体×行政担当者などで課題解決に向けたクロストーク(座談会)を行いました。
当日の模様は編集して、準備ができ次第YouTubeでご覧いただけるようにします。

26日(土)12:30~ テーマ「食の安全を考える」

 基調講演(12:30~):石倉 友二さん(TPPとグローバリズムを考える市民の会 代表)
 クロストーク(13:40~):食に関係する活動団体、農家さんなどをパネラーに


26日㊏の館内イベントの中継映像です。トークセッションでは、ZOOM参加もできます。

27日(日)13:00~ テーマ「若者世代と市民活動との接点」

 基調講演(13:00~):三浦 智恵子 先生(産業能率大学 情報マネジメント学部 教授)
 クロストーク(13:50~):学生などに関係する活動団体(伊勢原ボランティアスクール実行委員会、トンガリーズ)、ボランティア団体、一般学生などをパネラーに


パネル展示

分野の違う14団体が、パネルを使って活動内容を展示します。体験型の展示もあり、さまざまな団体が「市民のために」行っているさまざまな活動に直接触れることができました。

ステージ

26日(土)ステージイベント

地元出身のシンガーソングライター、永澤 蒼.さんのライブステージがあります。
雨のため11:30~はサポセン館内で、雨上がりの13:30~からは屋外でステージを開催しました


27日(日)ステージイベント

10:00~ 創作和太鼓グループ・楽鼓による和太鼓演奏
14:00~ 伊勢原手作り甲冑隊による寸劇「相模五人の武将」


体験コーナー

2日間を通して、「まが玉づくり体験」や「八角花折小物入れ作り体験」、「省エネと再生可能エネルギーの装置展示」などが行われたほか、
26日(土)コーンホールというニュースポーツの体験コーナー
27日(日)だれでもできる「ダイヤビック体操」(11:00~)、手作り甲冑の着付け体験(大人・こども)、輪投げゲームなどの体験コーナー

プログラム(チラシ画像)

(このサイトはサポフェスのオンラインサポートを受託したアイサポが継続して運営しています)